メルカリの商品取得や下書き保存を自動で行う方法

 

メルカリ商品管理ツールを使えば商品登録や下書き保存という手間が省けます。

「メルカリで商品を登録して一つづつ商品登録して下書き保存を時間短縮したい」

「新規商品登録の手間を省き、CSV形式で書き込みし商品管理したい」

という方におすすめです。

このブログで販売しているメルカリ自動管理ツールの下書き保存のみを紹介したいと思います。

メルカリ商品管理ツールを使ってみる

メルカリ商品管理ツールは、メルカリの商品登録を効率的かつ速く自動で実行できるメリットがあります。

今回は、メルカリ商品管理ツールを実行して商品を下書き保存してみましょう。

まず、購入したフォルダの中の「インストール.txt」は事前に読んでおきます。

インストールすると、指定したフォルダの場所にauto_mercariというフォルダがあります。

そのフォルダの中の「readme.html」も読んでおきます。

実際に「auto_mercari_run.exe」がメインの実行ファイルになっています。最初にショートカットとしてスタートメニューかデスクトップに作成することもできます。

実行ファイルの詳細はreadmeに書かれており細かい使い方は省きます。

商品を登録して下書き保存してみよう

商品はCSV形式での読み込みと書き込みのみ登録できるようになっています。

そのため、CSV形式以外のファイルは扱えません。

CSVのファイルの項目ヘッダー(1行目)の名前は自由に変えても問題ありませんが、順番はデフォルトテンプレートの項目として値が入力されるので、項目のズレや間違った値の入力されることに注意してください。

CSV形式のファイルのヘッダーの順番として、

「商品名、商品の説明、出品画像、商品の状態、カテゴリー、サイズ、ブランド、配送料の負担、配送の方法、発送元の地域、発送までの日数、販売価格」という順番になっています。

1行目は飛ばされるようになるので2行目の値から入力されるようになります。

 

下書き保存するためには、設定からメルカリログインをして、ファイルでCSVファイルを読み込みます。

読み込み内容を確認して「下書き保存」のボタンを押して自動的にブラウザが開き商品登録してくれます。

下書き保存を実際にする動画になります。

メルカリ商品管理ツールの機能

メルカリ商品管理ツールの主な機能です。

商品一覧:メルカリで出品されている商品を取得し一覧で表示します。

下書き保存:テーブルに表示されている商品を下書き保存としてメルカリに商品登録する。

新規登録:登録する商品をCSV形式で保存する。

Updateについて

ツールの更新はオンラインからアップデートすることができます。

更新の際の費用は掛かりません。

対応OS

対応OS:Windows10,11

購入はこちらから

購入はこちらから

メルカリ商品管理ツール

 

Follow me!